大学生がバイク購入の為にローンを組めるか

キャッシングベスト3

大学生がバイク購入の目的でローンを組むことはできますか

今大学に通っている20歳の学生です。現在バイクの購入を計画しています。親に頼んだのですが学生にバイクは必要ないと言われてしまったため、アルバイトに精を出しています。もう頭の中はバイクのことでいっぱいで勉学など手が付きません。頭金程度は貯まったのでさっそく購入しようと考えているのですが、大学生でもローンを組めるのかどうか心配になってきました。安定しているわけではありませんがアルバイト収入はそこそこあります。私でもローン組めますよね。

金額にもよりますが難しいかもしれません

以前は学生向けに学生ローンと言うものが有りましたが、貸金業法が改正されて総量規制が行われたため本来収入の無い学生では商売が難しくなり、次々に消えてしまい現在では数える程度になりました。これ等を利用すればアルバイト収入さえある程度以上あれば50万円程度までは借り入れが出来る可能性はあります。ただしバイクを購入する場合には通常販売店の提携ローンなどを利用するはずですが、この場合はいくらアルバイト収入が有ったとしても学生では貸してはくれないと思います。

ですからあなたが自力でローンを組むとすれば学生ローンしか利用できそうにありません。提携ローンなどに比べて金利の点でも不利ですので、あまりお勧めできるものではありません。はっきり言えば自力で買うのは限界と言うものが有ると言うことです。学生のうちに大きな借金を背負うことは決して良いことではありません。20歳になっているからと言ってもまだ親の傘の下にいるということを思い出してください。バイクに乗りたいのであれば社会人になってからで良いのではないでしょうか。

もしどうしてもバイクが必要だと言う事であれば、親に保証人になってもらえばローンを組める場合はあります。販売店を何件か回ればそういうところは見つかるはずです。ですからあなたの場合、まずはなぜバイクが必要なのかを理論武装して親に説明し、保証人になる事を承諾してもらうのが最も良い方法ではないかと考えられます。文面からなかなか賛同を得るのは難しいようですが、必要性さえ理解してもらえば絶対に駄目と言う事では無いのではないでしょうか。

もう一つの方法は、現在頭金程度は貯めたと言っていますが、そのままアルバイトを続けて現金で購入できるだけ貯めれば良いのです。そうすればそのお金はあなたのものですから、誰にも文句は言えません。バイクであれば余程大きなものでない限り、それほど高価ではないので、卒業程度まで我慢してアルバイトを続ければ社会人になるころはローンを組まなくても買えるのではないでしょうか。今乗りたいんだと言うかもしれませんが楽しみはあとにとっておくのも良いものです。

一つ苦言を言います。親御さんがどういう意味で学生にはバイクは必要無いと言われたのかは分かりませんが、やはり学業を優先しろと言っているように思えます。本来学生は学業をするから学生なのであってアルバイトをしたりバイクを乗り回すことは本分ではありません。この点親御さんはしっかりした考え方を持っていると思います。あなたも年齢を重ね子供を持つ頃には分かると思いますが、学生にふさわしい目的意識を持って学業をやってほしいものです。

学生のバイク購入にはカードローンをおすすめします

バイクの人気は昔から大きく変わりません。特に学生のみなさんにとって、バイクは通学の足としての利用だけではない魅力があるでしょう。ツーリングや小旅行、もしくは全国放浪の旅に行けるだけの時間的余裕があるからです。社会人になる前に、一度バイクに乗って知らない土地を走るという経験は、人生の大切な宝物になります。是非、多くの学生のみなさんにバイクの魅力を知ってもらいたいものです。

バイクは免許取得や、維持管理に関しては自動車に比べれはるかに安いものです。特に関東など首都圏では駐車場の費用もありますので、バイクの方が圧倒的に利便性が高いでしょう。

学生のみなさんにとって問題となるのはバイク購入費をどうするかといった点に尽きるのではないでしょうか。自動車に比べれば全体的に低価格とはいえ、やはり数十万円の出費は覚悟しなければいけません。一括で購入するにはなかなか大変金額でしょう。いくら時間的な余裕があるとはいえ、アルバイトので稼げる金額は社会人と比べれば微々たるものと言わざるを得ません。

学生のみなさんにはバイク購入時にカードローンを利用することをお勧めします。いわゆるキャッシングと呼ばれる金融手法の一つです。テレビ、ラジオ等のCM等で一昔前に比べればキャッシングは身近なものになってきているのではないでしょうか。利用されている方は年々増加していると言えます。

お金を借りるという行為に対して、まだまだネガティブな印象をお持ちの方も多いかもしれません。特にキャッシングはその融資の早さ、気軽さといった点が、かえって危険なのではと感じるかもしれません。しかし、現代のようなコンプライアンスが重視される時代において、法定金利を上回るような危険な商品はほぼありません。前述したようなテレビCM等を放映しているのは大手の金融機関ばかりです。違法行為をしてまで他人にお金を貸すリスクをとることはありません。

他の通常金融商品と比べても決して金利は高くないですし、少額からでも借り入れができることは大きな魅力です。バイク購入にかかる最低限の頭金が準備できれば、あとはキャッシングを利用してみるのも良い選択肢の一つと言えます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 【どうしよう】お金がない、そんな時に頼れる融資先 All Rights Reserved.